2014年01月15日

【nexus5】「simフリー端末 + MVNO + 楽天でんわ」で究極にスマホを格安運用してみた【スマホ電話sim(フリーdata)】

 現在、殆どの人が抱える悩みのうちの一つに「スマホの料金が高い!」ということが挙げられると思います。
 LTEが登場してからは尚の事、データ通信料だけで5000円〜6000円は何もしなくてもかかってしまいます。
 その上、通話基本料、通話料も発生しますから、あまり使っていなくても月々8000円とか10000万円超えなどということもしばしばでしょう。
 これは大変悩ましい事態です。

 そういったニーズに応えるため、最近ではMVNOが人気を集めています。
 MVNOとは、simカードだけを取り扱って販売している会社のことです。
 従来であれば、私達はdocomoやau、softbankなどのショップに足を運んで、携帯端末を購入するとともに通信契約をするのですが、これが携帯料金の高額さの元凶なのです。競争が激化しているとはいえ、まだまだ高い。

 しかし、MVNOを上手に活用すれば、手元にsimフリーの携帯端末(スマホ)がありさえすれば、最安値で月額490円からスマホを運用することができます。
 simフリーのスマホと言えば、nexus5、iPhone5s、iPhone5cなどが代表例ですが、各種携帯ショップに手数料を支払えば、現在手持ちのスマホをsimフリー化することも可能です。


私の事例 ―nexus5 + スマホ電話sim(フリーdata) + 楽天でんわ
b-mobileスマホ電話sim(フリーdata)
 私は現在、MVNO事業者であるb-mobile(日本通信)の「スマホ電話sim(フリーdata)」でスマートフォンを運用しています。

 「スマホ電話sim(フリーdata)」は、月額1638円(税込)で、090から始まる電話番号を持てる上に、データ通信し放題というプランです。MNP転入も可能です。
 メリットとしては、何と言ってもその安さです。最低で月額1638円です。その上、docomoと同じ電波条件でクリアに通話もできます。

 敢えてデメリットを挙げるとすれば、データ通信速度が上限200kbps制限であること。
 200kbpsという数字はいまいちピンと来ないかもしれないですが、メールやLINEなどのテキスト通信は問題なく使用でき、ウェブ閲覧は少々遅いと感じられ、LINE通話や動画閲覧は難しいという程度の速度です。(参考記事:スマホのMVNO低速通信(上下150〜200kbps)で、できることできないこと
 ただ、通信速度の制限はあっても、通信量の制限はありません。使い放題です。

 もうひとつ、デメリットを挙げれば、無料通話がないことでしょうか。
 従って、通話をすれば30秒ごとに20円の通話料がそのまま発生します。ただ、他社と比べても決して割高な料金ではありません。

 私は約2年間、b-moble「スマホ電話sim」で携帯端末を使用していますが、日常生活で困ったことはそれほど多くありません。
 たとえ、困ったことに遭遇しても、料金が安いからと納得できるレベルです。高速通信が必要になれば、wifiスポットを活用するなど、解決策はいくらでもあります。
 この素晴らしいサービスをこれからも継続して使用していこうと思っています。
 
楽天でんわ
 「楽天でんわ」のサービスを使用すれば、通話料は30秒10.5円と約半額になります。月額契約料は0円です。
 これは、使わないことになんのデメリットもない素晴らしいサービスですので、是非とも積極的に活用したいです。

 登録に面倒な手続きも必要ないですし、もちろん「スマホ電話sim(フリーdata)」での使用もできます。
 まして、前述の通り、「スマホ電話sim(フリーdata)」には無料通話がないわけですから、何も考えることなく通話は全て「楽天でんわ」を介して行えばいいのです。

nexus5
 最近、google謹製のsimフリースマートフォン「nexus5」を購入して、それを「スマホ電話sim(フリーdata)」で運用しています。
 32GBモデルで44800円でした。ちなみに、16GBモデルは39800円です。現在、最も高性能の携帯端末が4万円以下で購入できるのです。

 5.0インチ1920×1080ディスプレイ(445ppi)、qi(チー)規格ワイヤレス充電対応、Snapdragon™ 800 2.26GHz(クアッドコア)プロセッサ、simフリー、容易にテザリングし放題。全くもってして非の打ち所なしの最新機種です。
 コストパフォーマンスが良いなんて次元の話ではありません。突き抜けてます。
 googleブランド純正のスマホですから、OSは最新のandroid4.4(kitkat)です。また、アップデートがあった場合は最優先で配信されます。

 敢えて挙げるデメリットとしては、外部ストレージ(SDカードなど)に対応していないことでしょうか。ただ、google driveなどのクラウドストレージを積極的に使用すればいいわけですし、そのほうが何かと利便性も高いですから、気に留める必要はないでしょう。

 nexus5は国内店頭ではemobileから発売されていますが、emobile回線で契約させられてしまうので、「なるべく安くスマホを運用したい」と考えているならば、あまりお勧めできません。
 たしかに、emobileは大手他社と比べて料金は割安ですし、通信も速い。
 ただ、2年縛り契約であったり、高速通信量に制限があったり(月々3GBの高速通信、それを超えた場合128kbpsの低速通信に自動的に切り替わる)するところが、私としてはいただけない。
 しかも、emobileと契約せずに店頭でnexus5単体で購入する場合、なぜか50000円以上もかかります。

 従って私は、google playストアで直接nexus5を購入しました。
 香港の倉庫からクロネコヤマトの国際宅急便で届きます。送料はもちろん無料。
 注文から1週間程度で手元に到着しました。

 注意点ですが、nexus5はLTE通信のみで使用できます。3Gでの通信には対応していませんので、simを選ぶ際には注意しましょう。
 「スマホ電話sim(フリーdata)」はLTEですので、安心して使えます。


■まとめ
 というわけで、私は月額1638円、通話料30秒10.5円で最新スマホnexus5を使用しています。
 スマホ料金を節約したいと考えている全ての人におすすめしたい方法です。


スポンサードリンク




関連サイト
b-mobile スマホ電話SIM フリーdata
Nexus 5 - Google Playストア
楽天でんわ:電話アプリ


関連記事
【b-mobile】MVNO格安SIM(通話付き)をSIMフリースマホで検討する際に知っておきたい9つのこと【zenfone5】
ついに出た最強格安SIM!「b-mobile SIM 高速定額」が決め手な3つの理由
nexus5を購入するメリットとは? 3ヶ月間使ってみてわかったメリットとデメリット
スマホのMVNO低速通信(上下150〜200kbps)で、できることできないこと
simフリー端末でスマホをMVNO運用する際に留意しておきたい3つのこと
【最強格安SIM登場】MNP転入も可!b-mobileの「スマホ電話SIM dataフリー」に乗り換えるメリットとは?
Nexus5とGoogle Keepで捗る。仕事終わりブロガー、わたしのシンプルなプチ・ノマド環境


日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData 標準SIM [AM-SDL-FD]
B00GOPWNIC
posted by ミヤオ at 21:57| Comment(3) | スマホ料金節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はemでnexsus5をmnp0円で、月額2515円5gbで運用しています。意外とemもありですよ!
Posted by naka at 2014年02月11日 10:32
私も同じくemで。それに月額1400円プラスして10分無料通話が300回できるプランにしました。安いのは2年だけなので解約必須ですが。6月にはウィルコムと合併になるのでまた新たな料金プランができるかもしれませんが…。
Posted by michael at 2014年02月18日 10:57
3G未対応というのは間違いですね。

nexus5で普通に3Gでも使えていますし、ドコモのエリアプラスにも対応しています。
Posted by chinaman at 2014年07月31日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。