2013年03月16日

スマホ電話SIMで携帯料金を月々2270円にする方法。しかも番号はそのままで。

高すぎる携帯電話料金
iPhoneやandroidなど、特にスマートフォンが主流になってから、携帯電話料金が月々かなりの額になりますね。
私の場合、月々7000円〜8000円でしたが、何が不満だったかって、ほとんど使っていないにも関わらず、それだけの料金が自動的にかかっていたということです。

電話はほぼかけないし、家ではwi-fiの方が速いですし、出かけた先でスマホを使い倒すこともしていませんでした。せいぜいメール受信とツイッターくらいですね。

データ通信が定額制になっているせいで、携帯料金が高いんです。
ほぼ使っていなくても、データ通信料だけで勝手に月に5000円とか6000円とか取られます。
節約中の身としては、これはかなり痛い。


b-mobileのスマホ電話SIMを使えば毎月2270円に!
そこで私は、ドコモを解約して日本通信(b-mobile)の「スマホ電話SIM」を購入しました。
日本通信とは聞き慣れない会社かもしれませんが、ドコモの回線を借りてSIMだけを販売している通信会社です。

機種はそのままで、解約したドコモのSIMの代わりに、b-mobileのSIMを挿して使います。
SIM購入費の初期投資として3150円はかかりますが、毎月の通信料を考えれば、安いものだと思います。

私が契約したのは、月額「音声プランS - 1290円」+「データ通信定額980円」のプランです。
音声プランとデータプランはそれぞれ自由に組み合わせできます。
私の場合、最もお金がかからないプランの組み合わせにしたわけです。

月額で2270円と、信じられないくらい安くなりました。


使ってみた感想
音声プランSには、無料通話1365円分(約30分)が毎月付きますし、データ通信980円のプランは最大上下150kbpsという速度制限はありますが、メールの受信やツイッターくらいなら遅さは気にならないですし、ウェブサイトの閲覧もやや時間はかかりますが、全然表示できないということはありません。せっかちな人だとちょっとイライラするかもしれませんね。
ですが、この値段ですから、とても満足しています。家ではwi-fiがありますしね。

ウェブの表示は低速通信向けブラウザのOpera miniを使用すると、かなり速くなります。
それまでDolphin Browser miniを使っていたのですが、Opera miniだと圧倒的にスムーズになったのが実感できました。
たまにデザインが崩れることがありますが、日常のウェブ閲覧で不便することはほとんどありません。とても重宝しています。


MNPもできる!
日本通信(b-mobile)は、ナンバーポータビリティ(MNP)にも対応しています。
注意点として、この場合、日本通信のウェブサイトから直接申し込まないといけません。
私は、勘違いをしていて、MNPするつもりでAmazonで買ってしまい、番号の変更を余儀なくされました。
AmazonやヨドバシでSIMを買った場合、予め決められた電話番号が付いてくるのですが、日本通信でMNP申請をした場合、その番号のSIMが届くというわけです。


SIMフリー化などは必要か
b-mobileのSIMを既存機種に挿して使う場合、SIMフリー化が必要とのことですが、実際このへんはよくわかりません。
私は、sumsungの初代Galaxy Sで使っているのですが、問題なく使えています。
ドコモショップで聞いてみたところ、「使えない」との返答が返ってきたのですが、やってみたら普通に使えました。裏ワザ的なことも必要なかったです。
恐らく、ドコモ回線を借りて運営されているので、ドコモの機種だったらそのまま使えるのではないかと思われます。
電波はドコモ回線そのままなので、大変良好です。


メールはどうするか
docomoやau、softbankなどの通信会社を解約することになりますから、@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpのメールアドレスは使えないことになります。従って、携帯電話用でそれらのアドレスでメールをしていた人は、フリーのアドレスを取得しておきましょう。

おすすめは、googleのgmailです。
迷惑メールがほぼ届かないところが気に入っています。
android端末であれば、契約の際にアカウントを作っていると思うので@gmail.comのアドレスが付与されていると思います。使っていない場合はそれを使いましょう。
googleアカウントを現在持っていないという方でも、googleのgmailサイトから簡単に取得できます。

メールアプリは、androidではK-9 Mailというものが使いやすいです。


以上は、最も安く済ますためのプランの紹介でしたが、高速通信を使いたい方やもっと通話したいという方への格安プランもあります。
それぞれのスタイルに合わせたプランを選択して、携帯電話料金をもっとお得にしましょう。


スポンサードリンク




関連記事
【最強格安SIM登場】MNP転入も可!b-mobileの「スマホ電話SIM dataフリー」に乗り換えるメリットとは?
スマホのMVNO低速通信(上下150kbps)で、できることできないこと

関連サイト
日本通信(b-mobile)スマホ電話SIM

日本通信 bモバイル・スマホ電話SIM ドコモ FOMA3Gネットワーク利用 標準SIMパッケージ[BM-SP-AM]日本通信 bモバイル・スマホ電話SIM ドコモ FOMA3Gネットワーク利用 標準SIMパッケージ[BM-SP-AM]

日本通信 2012-08-25
売り上げランキング : 228

Amazonで詳しく見る



月額1638円で運用可能なスマホ電話SIM(フリーdata)も登場しました!
B00GOPWNIC日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData 標準SIM [AM-SDL-FD]
日本通信 2013-11-23

posted by ミヤオ at 18:03| Comment(0) | スマホ料金節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。